COCON

SUSTAINABILITY

SDGsへの取り組み

ココングループでは「Prosocial」というValue(大切にする価値観)を掲げています。
Prosocial は、社会性のある、といった意味です。事業展開をする中で、常にProsocialを意識し、社会との繋がりを大切に思案がら、世界や社会の為になる事業展開をしていきたいと考えています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSSUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsとは、持続可能な世界を実現する為の目標として、2015年9月の国連サミットで採択された目標です。2015年から2030年までに持続可能な世界を実現する為に、貧困や飢餓、エネルギー、平和的社会など17の観点169のターゲットで構成されています。

ココングループでは、SDGsや、日本の行政機関が発表する社会課題を指針に、事業活動を通して、どのようにその社会課題に対して貢献できるかを考察し実行していますが、ここでは、SDGsの観点から、どのようにココンが社会に貢献しているのか、したいと考えているのかについて、その一部を記載しました。

教育とスキルEDUCATION & SKILLS

○2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

  • ・AI 教育(AITL)
  • ・セキュリティ教育(セキュリティキャンプ講師など、イエラエ、レピダム)

産業と技術INDUSTRY & TECHNOLOGY

○2030年までにイノベーションを促進させることや100 万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。

  • ・研究開発の取り組み(大企業とのコラボ)
  • ・産総研との取り組み

生産と消費CONSUME & MANUFACTURE

○2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。

○2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる。

  • ・サプライチェーン最適化(バリュース、IDR など)
  • ・これからの展望も記載

平和と公正CONSUME & MANUFACTURE

○あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。

  • ・インフラ系のCTF での実績および実際のプロジェクトの紹介(イエラエ)