CODE BLUE 2019「Capture The Packet」にてイエラエセキュリティのエンジニアが所属するチームが優勝しました

2019年10月29日から2日間にわたって東京・渋谷にて開催された日本最大級セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2019」にて行われたハッキングコンテスト「Capture The Packet」においてイエラエセキュリティのエンジニアが所属するチームが優勝しました。
また本コンテストに優勝したことにより、2020年にアメリカ・ラスベガスで開催されるDEFCON28の「Capture The Packet本戦」への出場権を手にしました。


Closingでの様子。左からイエラエセキュリティのエンジニアの三村とCapture The Packetの運営チーム

 

今回優勝した三村のコメントは以下の通りです。
「今回 CODE BLUE にて開催された Capture the Packet に参加し、1位になることが出来ました。
何度か問題形式を見たことはあったのですが、実際に参加することは初めてで、また初めてその場で会った外国籍の方とのペアでしたので、言語という点でも挑戦的なものでした。
振り返ってみると、日本語でも英語でも、トップを目指すという気持ちは同じですし問題も smtp, http といった簡単なものから raw のディスクイメージを解析するものまで幅くお互い楽しみながら解いていました。
今回の参加を通して、ペアになった方はもちろん、運営側とも仲良くなることが出来てとてもよい経験が得られましたし、攻撃側ではない側面についても知識をより深めていくきっかけとなり楽しかったです。」