ココン、社外取締役に元ウィリス・タワーズワトソン代表の淡輪敬三氏、アトミックスメディア代表の高野真氏を招聘

ココン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:倉富 佑也、以下 ココン)は、元ウィリス・タワーズワトソン日本法人代表の淡輪敬三氏、株式会社アトミックスメディア代表取締役CEOの高野真氏を社外取締役として招聘しましたことをお知らせいたします。
豊富な経営経験を有する両名に参画頂くことにより、ココンは経営体制の更なる強化を実現し、今後の事業展開を加速してまいります。


(写真左から、社外取締役 高野真、代表取締役社長 倉富佑也、社外取締役 淡輪敬三 )

■ 就任コメント

淡輪敬三氏
「倉富社長との接点は7年前、彼がまだ10代であった頃に遡ります。キラキラした目で真っ直ぐ未来を語る姿が印象的でした。それから今まで、時に応じて様々な助言を与え、彼の成長を見守ってきました。いよいよココンもより本格的な成長フェーズに突入したと理解し、社外取締役への就任を引き受けました。持続的に成長し、社会的課題の解決に貢献する企業となるように支援していく所存です。」

高野真氏
「ココンを応援する思いで社外取締役を引き受けました。ユニークな事業性とそのポテンシャル、そしてなによりもCEOである倉富氏のパッションとやり切る力に共感し、できる限りの支援をしていきたいと思います。ココンの持つ可能性にぜひご期待ください。」

■ 経歴紹介

社外取締役 淡輪 敬三(たんなわ けいぞう)
1985年 スタンフォード大学修士課程修了
1987年 マッキンゼーアンドカンパニー入社
1993年 同社パートナー就任
1997年 ワトソンワイアット(現ウィリス・タワーズワトソン)日本法人代表
2014年 公益財団法人WWFジャパン代表理事副会長(現)
2015年 立命館大学ビジネススクール客員教授(現)
この他、キトー、インヴァスト証券、ツバキ・ナカシマ、リブセンス等で社外取締役現任

社外取締役 高野 真(たかの まこと)
1987年 早稲田大学大学院理工学研究科博士前期課程修了
1987年 大和証券株式会社入社後、株式会社大和総研へ出向
1999年 ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント 執行役員・企画調査室長
2002年 ピムコジャパンリミテッド 取締役社長
2014年 株式会社アトミックスメディア 代表取締役CEO兼Forbes JAPAN編集長(現)
2016年 D4V (Design for Ventures) Founder 兼 CEO(現)