Loading...

ココンがYJキャピタル、住友電工等から約28億円の資金調達を実施 ~サイバーセキュリティ領域における研究開発を加速~

 ココン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:倉富 佑也、以下 ココン)は、YJキャピタル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:堀 新一郎)、住友電気工業株式会社(所在地:大阪府大阪市中央区、社長:井上 治、以下 住友電工)等を引受先とし、約28億円の第三者割当増資を実施いたしました。創業以来の第三者割当増資による資金調達は、累積41億円となります。

■資金調達の目的
 今回の資金調達により、ココンはIoT化が進んだ未来の到来を見据え、コネクテッドカー、産業制御システム、電力インフラ等に対するセキュリティ診断技術の向上に資する環境整備や、人工知能を活用したセキュリティ診断技術に関する研究開発を加速してまいります。

■今後の注力分野
 ココンでは、この度“Technology & Designによる社会課題の解決”をビジョンとして新たに策定しました。IoT化が進んだ未来の到来を見据え、サイバーセキュリティを社会全体の課題と位置づけ、安心・安全を提供することを目指してまいります。また、強みであるサイバーセキュリティ・暗号技術・人工知能などのTechnologyと、UI/UX設計などのDesignに関連するケイパビリティを活用して社会課題の解決を目指し、異業種とのオープンイノベーションや、組織強化の為のM&Aも推進してまいります。